スーパーサンデーフェスタ 4時間耐久/スーパーフォミュラカート 第2戦

昨年までのオープン3時間耐久レースは、装いも新たにスパサン4時間耐久レースと名称変更されました。


ライダー1回の走行時間もスポーツ走行に近い時間に制限され、体力的にも優しいレースとなっています。
また、1台チームと複数台チームのハンディーキャップも設けられてますので要チェックです。
同日には、オートポリスコースとのシリーズ戦のスーパーフォミュラカートとスパサンの Q250、SST250、CBRCUP
のスプリントレースも併催されます。

――スパサン4時間耐久ハンディーについて――

(1) チーム各個人の複数台車両乗り継ぎ、或いは、1台の車両乗り継ぎによる耐久レースとする。
(2) スタートした時点で複数台チームに対し、6周減算のハンディーキャップを設ける。
(3) 複数台チームがガソリン補給する場合、1台チーム同様走行中の車両がピットインした時点から
次の車両へのガソリン給油が許可される。
(4) 複数台チームで走行中の車両が転倒し修復のためピットインした場合、その転倒車両の修復作業が
完了し走行可能な状態になっていることが確認出来た時点で次の車両のコースインが許可される。
(5) 複数台チームがレース中の降雨によりレインタイヤへタイヤ交換する場合、走行中の車両がピットインした
時点から次の車両のタイヤ交換が許可される。レインからドライの逆の場合も同じとする。附則
ライダーは1回の走行で20分以上連続して走行出来ません。
体力の有るライダーは一度ピイトインした後、再度走行可能です。
(登録ライダー数が少ないチームは、交代後の休憩時間が少なくなるため)
暑い時期での耐久レースです。ライダー皆さんの体力的な部分も考えスポーツ走行時間に近い設定としました。
――スプリントレースについて――
Q250、SST250、CBRDreamCup開催します。シリーズランキングポイント対象のレースとなります。
スプリント3クラス共に、5月発売のHONDA CBR250RRの参加が可能です。